リバウンドで体重が増える原因

せっかくダイエットをしたのに体重が再び増えるリバウンドをしたことがある人は多いです。

 

どうすれば、リバウンドしないダイエットで、減らした体重をキープできるでしょうか!

 

食事制限でのダイエットは、開始直後こそどんどん体重が少なくなっていきますが、

ある時を堺に減っていた体重が減らなくなってしまうようになります。

 

これをダイエットの停滞期といいます。

 

ホメオスタシスによるもので、期間は1カ月ほどです。

 

ホメオスタシスとは、カロリー摂取量が多くないときに、

代謝を下げてカロリー消費量を減らす機能です。

 

食事から補給できるエネルギーが少なくなると、人の体は補給と消費のバランスが取れるように

体を調節するため代謝が下がります。

 

停滞期にダイエットを諦めた場合でも、ホメオスタシスの機能は機能し続けています。

 

ホメオスタシスが働いていると使うエネルギー量が減ったままなので、

ダイエット前の食事量をとっていると余剰分がたくさん出てしまいます。

 

食事を減らしていると、お腹がいっぱいに感じづらくなります。

 

脳に満腹したというサインを送るためには、レプチンという物質が必要です。

 

しかし、食事制を少なくしているとレプチン自体が少なくなり、満腹感を感じづらくなります。

 

ダイエット前の食事量に戻せばレプチン量も元どおりになりますが、それまでには1カ月ほどかかってしまいます。

 

ダイエットをする前の食事に戻しても、レプチンが少なければ前ほどの満腹感は得られません。

 

食べ過ぎてしまうのが関の山です。

 

2つが原因となってリバウンドが起こり体重が増加してしまうのです。

 

効果的にダイエットを行うなら脂肪燃焼効果の高いマカサプリなどを活用するとダイエットの助けになります。

 

関連記事

プエラリアサプリメントとエストロゲン

酵素の正しい取り方<死なない酵素エンザミンなら大丈夫>

女性にも嬉しい効果!すっぽんの成分と効果分析

ラクトフェリンサプリによる免疫力UP効果と整腸作用とは

フォトフェイシャルによる治療方法

ひざ道楽のひざサポーターは痛みの原因を解消することが期待できます