抗酸化物質とはどんなもの?

人間の体の老化を早めたり、様々な病気の引き金になるのが活性酸素です。

 

体のサビと言われる酸化の原因の活性酸素を抑える物質を抗酸化物質と呼んでいます。

 

20歳過ぎたころから酸化が進むといわれています。

 

年齢を感じたら、また、酸化が招く色々な病気を予防するためにも、

抗酸化作用のある食材を心がけて摂ることをおススメします

 

抗酸化力をつけてキレイなお肌を!

抗酸化物質が含まれる物質には、ビタミンA、C、Eがあります。

 

ビタミンAが含まれる食材には、レバーやニンジンがありますが、ニンジンに含まれている

βカロチンは油で炒めることで体への吸収力が高くなるといわれています。

 

 

ビタミンCのお肌への美容効果はよく知られていますが、コラーゲンの生成を

促進させる働きがあり、美容と健康にアンチエイジングに期待ができます。

 

ビタミンCは小松菜ほかの緑黄色野菜にたくさん含まれていますが、

果物にもたくさん含まれています。

 

ただ果物は体を冷やす働きもあるので摂りすぎないように気をつけてください

 

そのほか、抗酸化物質を多く含むビタミンAには、

アボガドや玄米などがあり、ポリフェノールにも抗酸化が期待できます

 

ポリフェノールを多く含む食材には、サツマイモや大豆、蕎麦などがあります。

 

サツマイモやブドウの紫、ニンジンの赤い色ほか、天然の色素はカテノイドと

呼ばれる抗酸化物質で、抗酸化作用が期待できるのでおススメです。

 

スキンケアでのお肌のお手入れと、抗酸化物質が含まれている食品を摂ることで、

年齢に負けないお肌作りが可能です。

 

関連記事

抗酸化は肌老化を防ぐ?

抗酸化にはストレスやたばこを避ける

抗酸化酵素とミネラルについて

抗酸化には食品添加物を避ける

酸化とはどのようなことか?

抗酸化に効果のある食品