抗酸化には食べる順番に気を付ける

若いうちは丈夫だからと思って節制に心がけることをしませんが、

30代や40代ともなると節制しないのがテキメンに表れるようになります。

 

節制を怠ると老化する速度が速くなるばかりでなく、病気になるリスクが高まります

 

まだ若くて細胞が元気なうちに、細胞の元気さを保てるケアが必要です。

 

一旦細胞を衰えさせてからの回復は困難

細胞を衰えさせず、病気になりにくい体作りには、抗酸化対策がおススメです。

 

抗酸化対策には生活習慣を見直すとか体を酸化させてしまう紫外線を避けたり、

喫煙をしていたら禁煙することをおススメします。

 

そして抗酸化対策には食事気を付けることが大切ですが、食べる順番にも気を付けてください。

 

野菜や汁物を摂った後に、タンパク質を摂り、そのあとにご飯という順番がおススメです。

 

この順番に食べると血糖値が上がりにくく、糖分が糖化されるのを抑えられ、

結果糖分が燃焼するときに発生する活性酸素を減少させることができます。

 

酸化対策は水素水の力を借りても効果的

水素には血糖値が上がるのを抑えるほか、

脂肪を分解して抗酸化作用を保つという働きがあります。

 

これなら簡単にできるので続けやすいという利点があります。

 

水素水は、水素水サーバーを利用している人もいますし、水素水のサプリメントもあります。

 

またスーパーでもパックで売られています。コストの面では水素水サーバーが一番ですが、

一人暮らしの人や、忙しい人にはスーパーなどでパックで売られているものがおススメです。

 

関連記事

抗酸化物質とはどんなもの?

抗酸化には紫外線対策を心がける

酸化とはどのようなことか?

女性に人気のプラセンタサプリメント

抗酸化には適度な運動を心がける

抗酸化には余分な糖分をとらない