抗酸化には紫外線対策を心がける

体をサビつかせるのが活性酸素ですが、食べたものがエネルギーへと燃焼するときに

発生しますから、私たちが生きている限り活性酸素が発生します。

 

体をさびつかせ老化を早める酸化を招く原因はたくさんありますが、紫外線もその一つです。

 

抗酸化には紫外線対策も忘れないでください

外出時には日傘や帽子をお忘れなく

また、日焼け止めクリームでケアしておくことも忘れないでください。

 

日焼け止めクリームは、冬は手を抜きがちですが、冬の紫外線も肌に当たると

老化を招きますから、冬も怠りなくケアをしておいてください。

 

加齢と紫外線では、紫外線の方が老化を早めます。紫外線は活性酸素を生じさせ、

コラーゲンにダメージを与えます。

 

その結果シワができたりシミができたりしますが、この現象を光老化と呼んでいます。

 

加齢よりもさらに老化を進める紫外線対策は、しっかりやっておく必要があります。

 

また、紫外線対策は食べ物からでもカバーすることができますから、

紫外線による酸化は体内ケアをしてください

 

紫外線のダメージは皮膚ばかりではありません。

 

体内でも活性酸素が発生して酸化してしまいます

 

紫外線によって生じた抗酸化対策にはビタミンが有効

ビタミンには細胞を再生する働きがあるほか、メラニン色素を抑える作用をします。

 

スキンケアで日焼けした肌をケアすると同時に、体の内側からのケアで、

より強い抗酸化作用が期待できます。

 

ビタミンは果物に多く含まれていますが、果物は甘いので糖分が多いと敬遠する人もいますが、は少ない量でビタミンがたくさん摂れるのでおススメです。

 

関連記事

抗酸化酵素とミネラルについて

抗酸化に効果のあるサプリメント

抗酸化には食べる順番に気を付ける

抗酸化物質とはどんなもの?

抗酸化には体に良い油を選ぶ

抗酸化に効果のあるスキンケアコスメ