抗酸化でアンチエイジングをしてきれいを維持する!

抗酸化を極めてきれいにダイエット!いつまでも健康な身体を手に入れる。

抗酸化を極めてアンチエイジングを行う!

抗酸化に効果のある食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


抗酸化作用のある食べ物で老化は防げます。私たちの体は本来抗酸化力が備わっています。

 

しかし、20歳を過ぎるころから抗酸化力が落ちてきて、だんだんに酸化が進み老化していきます

 

酸化が進む原因には、食生活の乱れや、不規則な生活や疲れからも酸化が進んでしまいます。

 

厄介なことにストレスがあるとストレスが原因で酸化が進みますし、

タバコやお酒も酸化を進める原因になってしまいます。

 

意識して抗酸化を心掛けたい

それにはまず始めに食生活の見直しをして抗酸化のある食材を摂るようにしてください。

 

酸化を進める活性酸素を抑える物質を抗酸化物質と言いますが、

抗酸化物質が含まれている食材の一番に挙げられるのはバナナです

 

バナナは甘いので糖分が多そうなんて思いますが、バナナには、アミノ酸nのほか

複数のビタミンが含まれていますから、高い抗酸化作用があります。

 

また、バナナには植物繊維がたっぷり含まれているので、それも抗酸化の役に立っています。

 

こんなにも高い抗酸化作用があり、その上価格的にも安いバナナなので、毎日摂りたいものです。

 

そして、抗酸化作用が期待できる食品にカボチャやニンジンがあげられます。

 

色の濃い野菜はビタミンもたっぷり含まれているほか栄養価が高いという傾向がありますが、

抗酸化作用も期待できます

 

「カロチン」が抗酸化作用の働きをしてくれる

色が濃い野菜にはカロチンの含有量が多いです。

 

色の濃い野菜のピーマンやナスもありますから、積極的に摂ることをおススメします。

 

そして、色は薄いのですが、抗酸化作用が大きい野菜にキャベツがあります

 

また、ほうれん草やブロッコリーなども抗酸化が期待できますので、

積極的に食べて美容と健康に役立たせてください。

 

抗酸化には食品添加物を避ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人間の体は食べたものによって作られると言われますが、

抗酸化にするにも食べ物の影響は大きいです

 

怖いのは食品の添加物です。

商品には一応添加物の種類や量が明記されてはいますが、

それがどの程度影響するか、一般の消費者にはわかりにくいです。

 

多くの食品に防腐剤が入っていますが、防腐剤が体を酸化させてしまうほか、

卵巣を弱らせて妊娠しにくい体にしてしまう恐ろしさがあります。

 

もう、昔のことですが、お祝い事引き物に“すあま”をつけたことがあります。

 

近所の和菓子屋さんに頼んで作ってもらったすあまですが、

1ヶ月ほどして空だと思っていた箱が重かったので開けてみました。

 

カビの生えた恐ろしいすあまを想像していたのですが、なんと、そのままの綺麗さなのです。

 

それを見て、いったいどのくらいの防腐剤が入っているのだと、

今度はそちらの方が怖くなりました。

 

防腐剤や着色料に注意したい

お菓子ほか、販売されている食品には防腐剤や着色料などどのくらいの添加物が含まれているかわかりません

 

特に日本は国で許可されている添加物の数が多く、その数はアメリカの倍以上というので驚きます。

 

現在の日本の子供は、体格が良くなったにもかかわらず、体の弱い子が多いと言われています。

 

ちょっとしたことで簡単に骨折する子も多く、食べ物の関係が言われていますが、

 

これは子供に限らず大人では、食品によって体の酸化進んでいる人が多いと言われています

 

冷凍食品は、防腐剤こそ使いませんが味を調えるためとかいろいろな理由で添加物が入っています。

 

可能な限り抗酸化の食材で手作りすることをおススメします。

 

抗酸化には体に良い油を選ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


どんな油を摂るかで体が変わるとまで言われていますが、

どんな油にしても摂り過ぎは良くありません

 

一般家庭で使われている油にはサラダオイルをはじめとして、菜種油、ゴマ油、紅花油、

オリーブ油、コーン油などのたくさんの種類の油が販売されています。

 

油を摂りすぎると肥満をはじめ、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病に罹るリスクを高めてしまいます

 

また、油は酸化すると過酸化脂質を作り出してしまいますから、体内に入ると

下痢を起こす人もいます。なので、古くなった油は使わないようにしてください

 

食用油にはこだわりたい

揚げ物や炒め物などはできおるだけ早く食べることや、魚も過酸化脂質ができやすいものは、

鮮度の良いものを選んでください。

 

過酸化脂質ができやすい魚を食べるときは、抗酸化物質を摂ると過酸化脂質が出来るのが防げます。

 

抗酸化物質には大根おろしがありますが、さんまに大根おろしは理想的な食べ方と言えます。

 

レモンも抗酸化物質なので、脂っこい魚や揚げ物にレモン汁をかけると抗酸化に役立ちます

 

こめ油というのがありますが、この油は酸化されにくいという特徴があります

 

普通の油は長時間揚げ物を続けていると油酔いをすることもありますが、

こめ油は油酔いもありません。

 

こめ油に含まれている高度不飽和脂肪酸の働きが酸化を防ぎます。

 

オリーブオイルも酸化されにくい油と言われていますが、オリーブオイルよりもさらに

酸化されにくいこめ油は、価格は高めですが、体の酸化にこだわる人にはおススメと言えます。

 

抗酸化には食べる順番に気を付ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


若いうちは丈夫だからと思って節制に心がけることをしませんが、

30代や40代ともなると節制しないのがテキメンに表れるようになります。

 

節制を怠ると老化する速度が速くなるばかりでなく、病気になるリスクが高まります

 

まだ若くて細胞が元気なうちに、細胞の元気さを保てるケアが必要です。

 

一旦細胞を衰えさせてからの回復は困難

細胞を衰えさせず、病気になりにくい体作りには、抗酸化対策がおススメです。

 

抗酸化対策には生活習慣を見直すとか体を酸化させてしまう紫外線を避けたり、

喫煙をしていたら禁煙することをおススメします。

 

そして抗酸化対策には食事気を付けることが大切ですが、食べる順番にも気を付けてください。

 

野菜や汁物を摂った後に、タンパク質を摂り、そのあとにご飯という順番がおススメです。

 

この順番に食べると血糖値が上がりにくく、糖分が糖化されるのを抑えられ、

結果糖分が燃焼するときに発生する活性酸素を減少させることができます。

 

酸化対策は水素水の力を借りても効果的

水素には血糖値が上がるのを抑えるほか、

脂肪を分解して抗酸化作用を保つという働きがあります。

 

これなら簡単にできるので続けやすいという利点があります。

 

水素水は、水素水サーバーを利用している人もいますし、水素水のサプリメントもあります。

 

またスーパーでもパックで売られています。コストの面では水素水サーバーが一番ですが、

一人暮らしの人や、忙しい人にはスーパーなどでパックで売られているものがおススメです。

 

抗酸化には余分な糖分をとらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


老化の大敵が糖化ですが、糖化は糖分の取り過ぎから起こります。

 

体のサビと言われる酸化もやはり糖分の取り過ぎが大きく影響してきます

 

糖化と酸化の関係は、食事で取り過ぎた余分な糖分が腐敗して糖化となってしまいますが、

酸化は糖分が燃焼してエネルギーに変わる段階で活性酸素となってしまいます

 

酸素が活性酸素と変化しただけで、体へのダメージが大きくなってしまいます。

 

酸化も糖化も、ともに糖分の取り過ぎが一番の原因であり、両方ともに老化を促進させてしまいます。

 

肌の細胞が酸化は、メラニンが増えてシミ、シワの原因

糖化と同じくがんや動脈硬化他成人病など、様々な病気の引き金ともなってしまいます。

 

体の酸化を防ぐ方法として心がけたいのは、

・脂質の多い食事をしない

・ストレスを避ける

・紫外線を避ける

・喫煙を止める

過剰な運動は酸化ストレスが発生するので避ける

 

などがあげられます

 

 

ただ、過剰な運動は避けても適度な運動は大切なので、軽い運度を習慣づけることをおススメします。

 

また、加工食品は美味しく感じさせるために必要以上に糖分が含まれています。

 

出来るだけ加工食品を使わずにバランスの良い手作りの食事で活性酸素を増やさない生活を心掛けてください

 

外食などが多くバランスの良い食事が出来ない場合もあります。

 

そのようなときは、抗糖化対策と同じく抗酸化作用のある健康食品や

サプリメントで補給して、健康を保つことをおススメします。

 

抗酸化は肌老化を防ぐ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


活性酸素が老化を早めますが、抗酸化酵素がそれを防いでくれます。

 

しかし、20歳過ぎたころから抗酸化酵素の生成される量が少なくなり、

30歳以降になるとさらに低下してしまいます。

 

その結果からだの老化が進み、肌も皺が出来たりシミができるなどの年齢肌になってしまいます。

 

髪の毛もツヤがなくなったりするなど、目に見えて老化が進みます

 

これを防ぐのが抗酸化ですが、抗酸化は食事に気をつけたり生活習慣を見直すことで可能です。

 

また、肌の老化を防ぐ抗酸化成分の入ったスキンケアコスメがたくさん販売されているので、

それらを使ってのケアもおススメです。

 

食事から抗酸化にするのが理想

食事からが難しい場合は、抗酸化に効果のある健康食品やサプリメントで補って、

お肌の老化も体の老化も防ぎ美容と健康に役立たせてください。

 

抗酸化を謳ったスキンケアコスメの成分には、ビタミンCが肌に吸収されやすくする

「ビタミンC誘導体」や、肌の新陳代謝を促進する効果とコラーゲンや

セラミドの効果を高める「ナイアシン」などがあります。

 

そのほか、美白や保湿、そして、日焼け予防にも効果のある「カテキン」、

メラニンの生成を防ぐ「リコピン」、抗酸化力の強い「アントシニアン」、

ポリフェノールの一種で、抗酸化と美白効果が期待できる「レスベラトール」などが含まれています。

 

このような成分の入ったスキンケアコスメでケアをすることで、

お肌の老化を遅らせたりキレイなお肌を保つことが可能です。

 

キレイな自分を見るのは楽しくもあり、元気が出るものです。

 

ちょっとした心がけでそれが可能です。

 

抗酸化酵素とミネラルについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


美容と健康に大敵なのが体の酸化です

 

酸化についての研究が進められて様々なことがわかってきましたが、

私たち人間が生きていくうえで欠かせないものに酸素があります。

 

人間は空気中の酸素を体の中に取りいれることで、体内に入った食物を

燃焼させています。燃焼させるときに発生するのが活性酸素です。

 

人間の体に必要な酸素から発生する活性酸素が、タンパク質や脂質などに反応して

酸化させてしまいますが、

有害な活性酸素の働きを抑えるのが抗酸化酵素であり、ミネラルなのです

 

ミネラルは五大栄養素の一つであり、抗酸化にも欠かせない

穀類にもミネラルが含まれていますが、精製するとかなりのミネラルが消えてしまいます。

 

加工食品なども製造する過程で亜鉛などの多くが消失されてしまいます。

 

その結果、加工食品を多く食べる現代の人はどうしてもミネラルが不足しがち

なってしまいます。

 

それを防ぐには、魚介類などからミネラルを補充することが必要です。

 

また、よく噛んで食べることで抗酸化につながりますのでおススメです。

 

なにかと気忙しい現代人は良く噛んで食べる習慣が失われていますが、

良く噛んで食べることが抗酸化に効果的なのは科学的にも実証されています

 

ちなみに、良く噛んで食べることで食べ過ぎることも避けられほか、良く噛むと

唾液もたくさん分泌されて、消化不良によっておこる体内の酸化も防ぐことができます。

 

抗酸化物質とはどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人間の体の老化を早めたり、様々な病気の引き金になるのが活性酸素です。

 

体のサビと言われる酸化の原因の活性酸素を抑える物質を抗酸化物質と呼んでいます。

 

20歳過ぎたころから酸化が進むといわれています。

 

年齢を感じたら、また、酸化が招く色々な病気を予防するためにも、

抗酸化作用のある食材を心がけて摂ることをおススメします

 

抗酸化力をつけてキレイなお肌を!

抗酸化物質が含まれる物質には、ビタミンA、C、Eがあります。

 

ビタミンAが含まれる食材には、レバーやニンジンがありますが、ニンジンに含まれている

βカロチンは油で炒めることで体への吸収力が高くなるといわれています。

 

 

ビタミンCのお肌への美容効果はよく知られていますが、コラーゲンの生成を

促進させる働きがあり、美容と健康にアンチエイジングに期待ができます。

 

ビタミンCは小松菜ほかの緑黄色野菜にたくさん含まれていますが、

果物にもたくさん含まれています。

 

ただ果物は体を冷やす働きもあるので摂りすぎないように気をつけてください

 

そのほか、抗酸化物質を多く含むビタミンAには、

アボガドや玄米などがあり、ポリフェノールにも抗酸化が期待できます

 

ポリフェノールを多く含む食材には、サツマイモや大豆、蕎麦などがあります。

 

サツマイモやブドウの紫、ニンジンの赤い色ほか、天然の色素はカテノイドと

呼ばれる抗酸化物質で、抗酸化作用が期待できるのでおススメです。

 

スキンケアでのお肌のお手入れと、抗酸化物質が含まれている食品を摂ることで、

年齢に負けないお肌作りが可能です。

 

抗酸化作用とはどのようなことか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


体の酸化はいわゆる体が錆びた状態を言います。活性酸素が体の酸化の原因なのですが、

抗酸化作用とは、この活性酸素から守る働きのことを言います。

 

活性酸素は人間の細胞で発生し続けて、あらゆる病気の元になります

 

タバコやお酒、食生活の乱れや悪い生活習慣は、この活性酸素が一気に増えてしまいます

 

その結果癌ほか心臓病や生活習慣病にかかるリスクを高めます。

 

このほか、肌荒れや老化もこの活性酸素の影響を強く受けますが、紫外線に当たっても活性酸素が生じます

 

人間の体に害を与える活性酸素を抑えることが抗酸化であり、その働きが抗酸化さようです。

 

私たち人間には本来この抗酸化作用の力が備わっていますが、

20歳過ぎたころから抗酸化作用の働きが衰えてくるとされています。

 

 

ストレス社会でさらに活性酸素が生じやすくなる

活性酸素を生じる生活を避けるとともに抗酸化を助ける食材を摂ることをおススメします。

 

抗酸化を抑える物質を抗酸化物質と言いますが、植物性食品に含まれるフィトケミカルや、

ビタミンのA、E、Cの各種ほか、CoQ10、αリポ酸などがあります。

 

これらを含む食材には、お茶や大豆、明日葉、ケール、

ほうれん草ブロッコリーほか緑黄色野菜に多く含まれています。

 

また、野菜類以外では、鮭やイクラ、海藻などにも多く含まれています。

 

これらの抗酸化作用のある食材に加え、

ミネラルが含まれている食品を摂ることで抗酸化作用の働きが増します

 

ミネラルが含まれている食品には、サツマイモや果物、キノコ類があります。

 

好き嫌いをなくし、バランス良い食事を摂ることで抗酸化作用が期待できます。

酸化とはどのようなことか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


健康にもアンチエイジングにも大きな効果があるとされて、抗糖化抗酸化が叫ばれています。

 

抗糖化と、抗酸化の二つは大きな関係がありますが、抗酸化の酸化の方が早くから叫ばれています。

 

体が酸性になるのは良くないとして、アルカリイオン水は流行ったこともありました。
人間の体は酸性に偏ると万病のもとということで、アルカリイオン水を飲んだり料理につかったり、

 

お米を炊くときにも使っていた人が多くいました。

 

現代は、アトピーのお子さんが増えているといいますが、アトピーは血液が酸化している状態なのです。

 

現在の病院では、アトピーを薬や注射で治そうとします。

 

食事療法で治そうとする医師は、皆無といった状況です。

 

 

身体が酸化すると

体の酸化は、いわゆる体が錆びた状態で、リンゴを剥いてそのままにしておくと、

 

空気に触れたリンゴの酸が変色しますがそれと同じ状態です。

 

人間の体内いで酸化が進むのは、食べたものの糖分からAGE(終末糖化産物)を生成してしまい、

 

結果体の酸化となってしまいます。

 

AGEが溜まると、さらにAGEが溜まる速度が早まるので厄介です。

 

体の酸化を早めるものに、てんぷらなどで使用した油があげられますが、

 

てんぷらの場合は、高温になるので構わないのですが、炒めものなどは、

 

それほど高温にならないので避けたほうが良いそうです。

 

私も、揚げ物で使えなくなった油を、炒めものなどで使い切っていましたが、

 

ケチな私も反省して止めました。

 

ところが、そのことを知人に言ったら

 

「主婦業30年、一度たりとも油は捨てたことがないけれど、家族みんな健康で元気よ。」

 

と言われてしまいました。

 

考えてみると私自身健康で、20年以上も健康診断と、歯医者さん以外は病院に行っていないので、

 

再び油を使い倒し始めました。

 

そして、後で聞いた話では、「ためしてガッテン」では、古い油が体に悪いというのは

 

迷信だということをやっていたそうです。

 

そういえば、油は悪くならないので、油が腐敗したという言葉は使いません。

 

酸敗」と言っています。

 

やはり「古い油が体に悪いというのは迷信」というのが正しいと私は思います。

 

サーチ
テーマ
最近の投稿
記事一覧