抗酸化でアンチエイジングをしてきれいを維持する!

抗酸化を極めてきれいにダイエット!いつまでも健康な身体を手に入れる。

抗酸化を極めてアンチエイジングを行う!

ラクトフェリンサプリによる免疫力UP効果と整腸作用とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ラクトフェリンとは、鉄と結合している糖タンパク質であり、人間の母乳・哺乳動物の乳にたくさん含まれていることで知られている成分です。

 

鉄と結合しやすいという特徴から赤っぽい色をしているため、「赤いタンパク質」とも呼ばれています。

 

そんなラクトフェリンは、整腸作用・貧血予防をはじめさまざまな効果・効能を持っている多機能タンパク質として注目を集めており、摂取しやすいラクトフェリンサプリも多く出回っています。

 

ラクトフェリンの一番の特徴は、その免疫力UP効果です。

 

免疫細胞であるNK細胞を活性化させる作用があるため、免疫力UP・ガン予防効果があると言われています。

 

実はラクトフェリンは、唾液や涙液、血液といった中にも含まれていますので、目・鼻・口などの外界との接触口に存在することで病原菌の増殖を抑制するという抗菌成分としても活躍しています。

 

また、出産後一週間ほどと言われる初乳に最も多く含有されていて、乳児の免疫力UPを促し細菌から守るという働きになっています。

 

 

ラクトフェリンにはこんな作用や効果も

 

ラクトフェリンの働きで他には、腸内の善玉菌を増やすというものがあります。

 

これはビフィズス菌などの善玉菌のエサとなることによって善玉菌を増やし、腸内環境のバランスを整えるといった整腸作用となります。

 

鉄と結合しやすい性質により鉄分吸収促進となり、貧血予防・改善効果もあります。

 

他にも内臓脂肪を減少させる効果もあると言われていますので、積極的に摂取したい成分ではありますが、ラクトフェリンは熱に弱い性質を持っているのです。

 

そのため摂取方法としては、加熱殺菌していないチーズなどの乳製品、ラクトフェリンサプリを利用するのが有効です。

 

一番手軽な方法はラクトフェリンサプリと言えます。

 

ラクトフェリンサプリを徹底比較が参考になりました。

 

 

リバウンドを防ぐ方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ダイエット中のリバウンドを防ぐには、体にダイエット中の違和感を覚えさせないことです。

 

緊急事態と認識させないようにすれば、ダイエットを成功に導くことができるようになります。

 

急なカロリーカットをしないことが、ダイエットをしてもリバウンドが起きないようにするためには大事になります。

 

食事の量を減らし、体内に取り入れるカロリーを減らすことが、ダイエットを行う時にはよく行われることではないでしょうか。

 

低カロリーのダイエット食や、単品の食材を利用することでカロリー摂取量を減らすダイエットをするという方法は、定番といえるべきものです。

 

ダイエット方法による極端なカロリー制限をした場合には、リバウンドしてしまう可能性が高くなるのでできれば避けたい方法です。

 

食事制限はどのようにすればよい?

いきなり食事の量が減ると、食事が少なくなっても餓死しないようにと、体が少量の食事で生き延びられるようになります。

 

カロリー制限をするにしても、緩やかに制限を始めて徐々に減らしていくような方法を取る事が大切です。

 

たんぱく質を摂取することも、リバウンドを防ぐ効果があります。

 

たんぱく質は、肉や臓器をつくるとても大事な成分です。

 

たんぱく質の補給がなくなると、人間はエネルギーを使わずに、消費の少ない体になろうとするため、ダイエット効率が低下します。

 

どれだけ運動を続けても、期待するほど体重が減少しない場合もあります。

 

たんぱく質の不足はリバウンドを防ぐどころかリバウンドしやすい体になってしまうので、注意が必要になります。

サーチ
テーマ
最近の投稿
記事一覧