抗酸化でアンチエイジングをしてきれいを維持する!

抗酸化を極めてきれいにダイエット!いつまでも健康な身体を手に入れる。

抗酸化を極めてアンチエイジングを行う!

抗酸化に効果のあるスキンケアコスメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


化粧品の研究もさらに進んで解明されてきた抗糖化&抗酸化ですが、

抗酸化に効果のあるスキンケアコスメもたくさん販売されるようになりました。

 

アンチエイジング効果の大きい抗酸化物質を配合したスキンケアコスメの人気が高くなっています。

 

抗酸化力が強い成分と言えば、ビタミンC ですが、ビタミンCは抗酸化が期待できるばかりでなく、

コラーゲンの合成作用を活発にしてシワを改善するほか、肌のハリも取り戻してくれます。

 

抗酸化に効果のあるスキンケアコスメを選ぶときのポイント

ランキングで選ぶことはおススメできません

 

まずは使用されている含有成分のチェックをすることが大事です。

 

まずは、ビタミンC誘導体が含まれているかチェックしてください。

 

ビタミンC誘導体は抗酸化作用のはたらきのあるビタミンC を肌に吸収しやすくしてくれます。

 

また、化粧品の最新技術でビタミンCを効果的に配合した美容液なども販売されています。

 

また、セラミドなどの保湿成分が配合されているかとか、シワやたるみの一番の原因は

コラーゲンの不足からきますから、コラーゲンを増やす働きをするレチノールが

含まれているかも選ぶポイントになります。

 

そのほか、肌にハリを出すのに有効な成分のナイアシンが含まれているかとか、

抗酸化成分のポリフェノールやアスタキサンチンなどがふくまれているかも見てください。

 

ちなみに抗酸化作用のある人気化粧品としては、ドクターリセらの「アクアヴィーナスシリーズ」

スノーヴァプラツェンタールエキストレ(美容液)

ヴィオー・パワーエッセンス(美容液)などがあります。

 

まずは身体の中からキレイにすることも大切です。

 

御購読ありがとうございました。

 

抗酸化には紫外線対策を心がける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


体をサビつかせるのが活性酸素ですが、食べたものがエネルギーへと燃焼するときに

発生しますから、私たちが生きている限り活性酸素が発生します。

 

体をさびつかせ老化を早める酸化を招く原因はたくさんありますが、紫外線もその一つです。

 

抗酸化には紫外線対策も忘れないでください

外出時には日傘や帽子をお忘れなく

また、日焼け止めクリームでケアしておくことも忘れないでください。

 

日焼け止めクリームは、冬は手を抜きがちですが、冬の紫外線も肌に当たると

老化を招きますから、冬も怠りなくケアをしておいてください。

 

加齢と紫外線では、紫外線の方が老化を早めます。紫外線は活性酸素を生じさせ、

コラーゲンにダメージを与えます。

 

その結果シワができたりシミができたりしますが、この現象を光老化と呼んでいます。

 

加齢よりもさらに老化を進める紫外線対策は、しっかりやっておく必要があります。

 

また、紫外線対策は食べ物からでもカバーすることができますから、

紫外線による酸化は体内ケアをしてください

 

紫外線のダメージは皮膚ばかりではありません。

 

体内でも活性酸素が発生して酸化してしまいます

 

紫外線によって生じた抗酸化対策にはビタミンが有効

ビタミンには細胞を再生する働きがあるほか、メラニン色素を抑える作用をします。

 

スキンケアで日焼けした肌をケアすると同時に、体の内側からのケアで、

より強い抗酸化作用が期待できます。

 

ビタミンは果物に多く含まれていますが、果物は甘いので糖分が多いと敬遠する人もいますが、は少ない量でビタミンがたくさん摂れるのでおススメです。

 

抗酸化には適度な運動を心がける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


どんな病気の予防にも適度な運動を欠かすことが出来ませんが、

抗酸化のためにも適度な運動は効果があります。

 

いつまでも健康で美しくありたいと望むなら、老化の促進を抑えアンチエイジングに役立つ

抗酸化のための生活習慣として、毎日継続して軽い運動をしてみてください。

 

体を動かすことはサビない体つくりの役に立ちます

 

軽い運動は血液の循環を良くする

運動をすると活性酸素が発生します。活性酸素が発生すると言っても驚かないでください。

 

運動をすることで同時に活性酸素を抑える抗酸化物質を体内に蓄えます

 

その結果、適度な運動を習慣にしている人は体内の抗酸化物質が多く、

健康にもアンチエイジングにもつながるのです。

 

血液の流れが悪いと冷え性になったり、生活習慣病にもかかりやすくなります。

 

また、適度な運動で抗酸化力をつけると、卵子の老化を防ぎやすくなりますので

妊娠を望んでいる人にもおススメです。

 

適度な運動の方法には、ウォーキングや早歩き、ランニングなどの方法がありますが、

忙しくて時間が取れないという人にはスクワットがおススメです。

 

運動の効果は30分のウォーキングや早歩きよりも効果が高いとされています。

 

スクワットのやり方は、ユーチューブでたくさん紹介されていますから、

自分にあったスクワットを選んで毎日続けてみてください。

 

継続は力なりといいますが、続けてみるときっと良い結果が得られますよ。

 

抗酸化に効果のある食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


抗酸化作用のある食べ物で老化は防げます。私たちの体は本来抗酸化力が備わっています。

 

しかし、20歳を過ぎるころから抗酸化力が落ちてきて、だんだんに酸化が進み老化していきます

 

酸化が進む原因には、食生活の乱れや、不規則な生活や疲れからも酸化が進んでしまいます。

 

厄介なことにストレスがあるとストレスが原因で酸化が進みますし、

タバコやお酒も酸化を進める原因になってしまいます。

 

意識して抗酸化を心掛けたい

それにはまず始めに食生活の見直しをして抗酸化のある食材を摂るようにしてください。

 

酸化を進める活性酸素を抑える物質を抗酸化物質と言いますが、

抗酸化物質が含まれている食材の一番に挙げられるのはバナナです

 

バナナは甘いので糖分が多そうなんて思いますが、バナナには、アミノ酸nのほか

複数のビタミンが含まれていますから、高い抗酸化作用があります。

 

また、バナナには植物繊維がたっぷり含まれているので、それも抗酸化の役に立っています。

 

こんなにも高い抗酸化作用があり、その上価格的にも安いバナナなので、毎日摂りたいものです。

 

そして、抗酸化作用が期待できる食品にカボチャやニンジンがあげられます。

 

色の濃い野菜はビタミンもたっぷり含まれているほか栄養価が高いという傾向がありますが、

抗酸化作用も期待できます

 

「カロチン」が抗酸化作用の働きをしてくれる

色が濃い野菜にはカロチンの含有量が多いです。

 

色の濃い野菜のピーマンやナスもありますから、積極的に摂ることをおススメします。

 

そして、色は薄いのですが、抗酸化作用が大きい野菜にキャベツがあります

 

また、ほうれん草やブロッコリーなども抗酸化が期待できますので、

積極的に食べて美容と健康に役立たせてください。

 

抗酸化には食品添加物を避ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人間の体は食べたものによって作られると言われますが、

抗酸化にするにも食べ物の影響は大きいです

 

怖いのは食品の添加物です。

商品には一応添加物の種類や量が明記されてはいますが、

それがどの程度影響するか、一般の消費者にはわかりにくいです。

 

多くの食品に防腐剤が入っていますが、防腐剤が体を酸化させてしまうほか、

卵巣を弱らせて妊娠しにくい体にしてしまう恐ろしさがあります。

 

もう、昔のことですが、お祝い事引き物に“すあま”をつけたことがあります。

 

近所の和菓子屋さんに頼んで作ってもらったすあまですが、

1ヶ月ほどして空だと思っていた箱が重かったので開けてみました。

 

カビの生えた恐ろしいすあまを想像していたのですが、なんと、そのままの綺麗さなのです。

 

それを見て、いったいどのくらいの防腐剤が入っているのだと、

今度はそちらの方が怖くなりました。

 

防腐剤や着色料に注意したい

お菓子ほか、販売されている食品には防腐剤や着色料などどのくらいの添加物が含まれているかわかりません

 

特に日本は国で許可されている添加物の数が多く、その数はアメリカの倍以上というので驚きます。

 

現在の日本の子供は、体格が良くなったにもかかわらず、体の弱い子が多いと言われています。

 

ちょっとしたことで簡単に骨折する子も多く、食べ物の関係が言われていますが、

 

これは子供に限らず大人では、食品によって体の酸化進んでいる人が多いと言われています

 

冷凍食品は、防腐剤こそ使いませんが味を調えるためとかいろいろな理由で添加物が入っています。

 

可能な限り抗酸化の食材で手作りすることをおススメします。

 

抗酸化にはストレスやたばこを避ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現代の人たちの環境は、体の酸化がしやすい条件ばかりになっています

 

昔の日本食な抗酸化物質が含まれている食品が多かったものです。

 

健康に良い和食は海外でも一目置かれるほどですが、しかし、今の家庭の食卓も

様変わりしていますから、ほぼ欧米風の食卓になっているようです。

 

老化を防ぐ抗酸化物質を心がけて摂るようにしたいものですが、

酸化は食事の影響だけでなく、ストレスやたばこからも影響を受けます

 

目の病気の白内障がありますが、白内障は加齢や糖尿病患者さんが重症化してなることが

多いのですが、酸化ストレスが原因で白内障に罹る患者さんもいます

 

タバコもまた、酸化ストレスを発生してしまいますから、健康のことを考えれば、

出来れば止めて体内での酸化ストレスが発生するのを予防してください。

 

紫外線も酸化の原因

紫外線も当たった部分を酸化させてしまいますので、眼への紫外線も気を付けてください。

 

目の紫外線対策にはサングラスが考えられますが、サングラスの場合は横からも

紫外線が当たってしまうので、つばの広い帽子を被ることがおススメです。

 

また、現在は紫外線カットが施してあるソフトコンタクトレンズが売られていますから

サングラスをかけることに抵抗がある人にはおススメですし、

横から紫外線が入ってこないので、サングラスよりもより完璧に紫外線対策ができます

 

酸化をさせてしまう紫外線対策は、夏場だけではなく一年中を通しての対策が必要になってきます。

 

ちなみに白内障は目の打撲や怪我が原因でなる人もいますし、80歳以上の高齢者の多くが

程度の差はありますが白内障に罹っているといわれています。

 

抗酸化対策は、白内障に罹るリスクもさげることができますから、

抗酸化を意識した生活を心がけることをおススメします。

 

 

抗酸化には体に良い油を選ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


どんな油を摂るかで体が変わるとまで言われていますが、

どんな油にしても摂り過ぎは良くありません

 

一般家庭で使われている油にはサラダオイルをはじめとして、菜種油、ゴマ油、紅花油、

オリーブ油、コーン油などのたくさんの種類の油が販売されています。

 

油を摂りすぎると肥満をはじめ、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病に罹るリスクを高めてしまいます

 

また、油は酸化すると過酸化脂質を作り出してしまいますから、体内に入ると

下痢を起こす人もいます。なので、古くなった油は使わないようにしてください

 

食用油にはこだわりたい

揚げ物や炒め物などはできおるだけ早く食べることや、魚も過酸化脂質ができやすいものは、

鮮度の良いものを選んでください。

 

過酸化脂質ができやすい魚を食べるときは、抗酸化物質を摂ると過酸化脂質が出来るのが防げます。

 

抗酸化物質には大根おろしがありますが、さんまに大根おろしは理想的な食べ方と言えます。

 

レモンも抗酸化物質なので、脂っこい魚や揚げ物にレモン汁をかけると抗酸化に役立ちます

 

こめ油というのがありますが、この油は酸化されにくいという特徴があります

 

普通の油は長時間揚げ物を続けていると油酔いをすることもありますが、

こめ油は油酔いもありません。

 

こめ油に含まれている高度不飽和脂肪酸の働きが酸化を防ぎます。

 

オリーブオイルも酸化されにくい油と言われていますが、オリーブオイルよりもさらに

酸化されにくいこめ油は、価格は高めですが、体の酸化にこだわる人にはおススメと言えます。

 

抗酸化には食べる順番に気を付ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


若いうちは丈夫だからと思って節制に心がけることをしませんが、

30代や40代ともなると節制しないのがテキメンに表れるようになります。

 

節制を怠ると老化する速度が速くなるばかりでなく、病気になるリスクが高まります

 

まだ若くて細胞が元気なうちに、細胞の元気さを保てるケアが必要です。

 

一旦細胞を衰えさせてからの回復は困難

細胞を衰えさせず、病気になりにくい体作りには、抗酸化対策がおススメです。

 

抗酸化対策には生活習慣を見直すとか体を酸化させてしまう紫外線を避けたり、

喫煙をしていたら禁煙することをおススメします。

 

そして抗酸化対策には食事気を付けることが大切ですが、食べる順番にも気を付けてください。

 

野菜や汁物を摂った後に、タンパク質を摂り、そのあとにご飯という順番がおススメです。

 

この順番に食べると血糖値が上がりにくく、糖分が糖化されるのを抑えられ、

結果糖分が燃焼するときに発生する活性酸素を減少させることができます。

 

酸化対策は水素水の力を借りても効果的

水素には血糖値が上がるのを抑えるほか、

脂肪を分解して抗酸化作用を保つという働きがあります。

 

これなら簡単にできるので続けやすいという利点があります。

 

水素水は、水素水サーバーを利用している人もいますし、水素水のサプリメントもあります。

 

またスーパーでもパックで売られています。コストの面では水素水サーバーが一番ですが、

一人暮らしの人や、忙しい人にはスーパーなどでパックで売られているものがおススメです。

 

抗酸化には余分な糖分をとらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


老化の大敵が糖化ですが、糖化は糖分の取り過ぎから起こります。

 

体のサビと言われる酸化もやはり糖分の取り過ぎが大きく影響してきます

 

糖化と酸化の関係は、食事で取り過ぎた余分な糖分が腐敗して糖化となってしまいますが、

酸化は糖分が燃焼してエネルギーに変わる段階で活性酸素となってしまいます

 

酸素が活性酸素と変化しただけで、体へのダメージが大きくなってしまいます。

 

酸化も糖化も、ともに糖分の取り過ぎが一番の原因であり、両方ともに老化を促進させてしまいます。

 

肌の細胞が酸化は、メラニンが増えてシミ、シワの原因

糖化と同じくがんや動脈硬化他成人病など、様々な病気の引き金ともなってしまいます。

 

体の酸化を防ぐ方法として心がけたいのは、

・脂質の多い食事をしない

・ストレスを避ける

・紫外線を避ける

・喫煙を止める

過剰な運動は酸化ストレスが発生するので避ける

 

などがあげられます

 

 

ただ、過剰な運動は避けても適度な運動は大切なので、軽い運度を習慣づけることをおススメします。

 

また、加工食品は美味しく感じさせるために必要以上に糖分が含まれています。

 

出来るだけ加工食品を使わずにバランスの良い手作りの食事で活性酸素を増やさない生活を心掛けてください

 

外食などが多くバランスの良い食事が出来ない場合もあります。

 

そのようなときは、抗糖化対策と同じく抗酸化作用のある健康食品や

サプリメントで補給して、健康を保つことをおススメします。

 

抗酸化は肌老化を防ぐ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


活性酸素が老化を早めますが、抗酸化酵素がそれを防いでくれます。

 

しかし、20歳過ぎたころから抗酸化酵素の生成される量が少なくなり、

30歳以降になるとさらに低下してしまいます。

 

その結果からだの老化が進み、肌も皺が出来たりシミができるなどの年齢肌になってしまいます。

 

髪の毛もツヤがなくなったりするなど、目に見えて老化が進みます

 

これを防ぐのが抗酸化ですが、抗酸化は食事に気をつけたり生活習慣を見直すことで可能です。

 

また、肌の老化を防ぐ抗酸化成分の入ったスキンケアコスメがたくさん販売されているので、

それらを使ってのケアもおススメです。

 

食事から抗酸化にするのが理想

食事からが難しい場合は、抗酸化に効果のある健康食品やサプリメントで補って、

お肌の老化も体の老化も防ぎ美容と健康に役立たせてください。

 

抗酸化を謳ったスキンケアコスメの成分には、ビタミンCが肌に吸収されやすくする

「ビタミンC誘導体」や、肌の新陳代謝を促進する効果とコラーゲンや

セラミドの効果を高める「ナイアシン」などがあります。

 

そのほか、美白や保湿、そして、日焼け予防にも効果のある「カテキン」、

メラニンの生成を防ぐ「リコピン」、抗酸化力の強い「アントシニアン」、

ポリフェノールの一種で、抗酸化と美白効果が期待できる「レスベラトール」などが含まれています。

 

このような成分の入ったスキンケアコスメでケアをすることで、

お肌の老化を遅らせたりキレイなお肌を保つことが可能です。

 

キレイな自分を見るのは楽しくもあり、元気が出るものです。

 

ちょっとした心がけでそれが可能です。

 

サーチ
テーマ
最近の投稿
記事一覧